流行りのトレンドアフィリエイトは、ゴミブログ製造装置

インフォトップなんかを見ていると、

次から次から新しいアフィリエイト商材がリリースされていますが、

サイトアフィリエイトのノウハウなんて、とっくの昔に出尽くしてます。

 

基本的に、切り口を変えて、さも新しいノウハウのように装っているというのが、現状だと思います。

 

まあそんなことですから、アフィリエイト商材の中にも、

流行り廃りがある。

 

で、最近流行しているのが、トレンドアフィリエイトです。

 

これを扱っている商材も、結構売れているみたいですね。

 

「GEKOKUJO」なんかは、ずっとランキングの上位にいます。

 

最近では、「PRIDE」という商材が販売され、

いろんなアフィリエイターがこぞって絶賛の嵐です。

 

あ、ちなみに私、リンクは貼りませんよ。

オススメしませんから。

 

でも、この2つの商材で扱っている手法も、

別に目新しさはありません。

結構、昔からある手法です。

 

Googleトレンドとか、急上昇ワードなんかから、

旬なキーワードを探してきて、そいつを含めた記事を

適当に書くというもの。

 

それで、一時的なアクセスを集めてしまおうって感じです。

 

もちろん、当たればアクセスは集まりますし、

そうなると、楽天アフィリとか、アドセンスでは、少しは稼げるかもしれません。

 

でも、ほったらかしで稼げるようにはなりません。

 

って、みんな言いますよね。

それは、コンテンツの中身がないからなんですよ。

 

GEKUJOの商材の中で紹介されている、

サンプルブログの記事なんて、本当に酷い。

 

あれ、誰が読むの?って感じの記事です。

結局、あんな記事はユーザーが求めていない。

だから、圏外に吹っ飛ぶ。

資産にならない。

 

こんな感じなんです。

 

結局、トレンドアフィリの商材で紹介されている、

コンテンツ作成のノウハウなんて、

徹頭徹尾アフィリエイター目線なんです。

 

勘違いしてほしくないのですが、

トレンドアフィリの手法では、

資産となるようなコンテンツは作れないと

言っているわけではありません。

 

GEKOKUJOとか、最近売れている

トレンドアフィリの商材で推奨されている、

作り方をしたらダメだと言っているのです。

 

結局、オリジナルコンテンツがどうとか、

1000文字以上とか、そんなことどうでも良いんですよ。

 

ユーザーが求めている記事かどうか?

ってことが一番重要。

 

ということは、

例えば、トレンドアフィリの手法で、

 

「矢口真里 不倫」

 

というキーワードで記事を書くとしましょう。

 

でも、このキーワードで、ユーザーが求めている記事

書けますか?

 

というより、これ書けたら、週刊誌は売れませんよね。

 

だから、結局

 

「元モー娘。の矢口真里の不倫が話題になってますね」

とか、

「旦那の留守中に、別の男を連れ込んでいたらしいですが、

本当のところどうなのでしょう?」

とか、

 

こんなどうでもいい内容しか書けないんですよ。

当然、GEKOKUJOとかで、紹介されているのも、

この程度です。

 

これ、ゴミですよね。

こんなブログ誰も見たいと思わないのですから。

 

結局、ユーザー目線で作成できれば、

アフィリエイトサイトだって、ユーザーの役に立つ

サイトを作ることは可能なのです。

 

要は、その考え方が出来るかどうか?

その辺が学べるのが、

私が自信を持ってオススメしている、

LFM-TVと、ファクトリーです。

 

記事が書けないのは、ハッキリ言って調査不足

アフィリエイトをやっていて、ひっかかるところの一つに、

記事が書けないというのがあります。

 

でも、これって、ハッキリ言って調査不足です。

 

そもそも、ASPアフィリエイトで、きっちり稼ごうとする場合、

例えばLFMとか、ファクトリーを実践する場合、

サイトやページのキーワード選定の時点で、

かなり詳細な調査を行う必要があります。

 

ということは、狙うキーワードが決まった時点で、

ある程度、記事にする内容は見えているはずなんです。

 

LFMの購入特典の中にも書きましたが、

その手順に従ってキーワード選定を行なっていれば、

本来、記事が書けないということは起こらないはずなんです。

 

結局、記事が書けないということは、キーワードを適当に選んでいるということです。

もちろん、稼げるキーワード集なんて買っているようでは、ASPアフィリでは一生稼げませんよ。

 

もちろん、そんな適当に選んだようなキーワードとにらめっこしてても、

記事なんて書けるはずありません。

 

結局、

案件選びから、キーワード選定、コンテンツ作成まで、

一連の流れとして本質を学ぶ必要があります。

 

逆に言えば、記事が書けないという壁にぶち当たっているということは、

ASPアフィリエイトで稼ぐための正しい方法を理解できていないということなのです。

サイトアフィリやるのに、HTMLとCSSの知識は必須です!!

はじめに言っておきますが、

サイトアフィリエイトをやっていく上で、HTMLとCSSの知識は必須です。

 

もちろん、我々はプロのデザイナーではないし、

それを目指しているわけではありませんので、

高い知識レベルを求められるわけではありませんよ。

 

それに、無料ブログを使えば、全くHTMLの知識がなくても、

箱は作れますし、記事を更新していくことも可能でしょう。

 

HTMLサイトを作るのだって、SIRIUSとか使えば、

HTML分からなくても、サイトくらい作れると思うかもしれません。

 

私は本業がWEB系のエンジニアなので、

元々HTMLもCSSも理解していましたが、

サイトを作るのに、テキストエディタ開いて、

ゴリゴリHTMLを書いていくようなことはしません。

 

SIRIUSだって使うし、WordpressもMTも使います。

賢威のテンプレートだって使います。

もちろん、無料ブログも使いますよ。

 

サイトアフィリの場合、作業の効率化が求められますから、

こうした便利なツールはどんどん導入して使い倒すべきです。

 

しかし、

こういったツールを使っても、結局はHTMLやCSSのの知識は必要だというのが、私の結論です。

 

というのも、今はサイトアフィリに関しても、多少のデザイン力が必要な時代になってきています。

例えば、ヘッダーの画像で訴求したり、トップ下に画像を置いたり。

そういった部分で、差別化を図る必要が出てきてます。

それこそ、無料ブログのデフォルトテンプレートで稼げる時代は終わったといっても過言ではないでしょう。

 

それに、ちょっとした工夫を施す場合に、HTMLやCSSのの知識は合った方が良いと思いませんか?

 

もちろん、それなりに難しさはあると思います。

無料ブログに比べて、敷居が高いというのも分かります。

でも、3日もあれば理解出来ますよ。


こんな親切な本もあるし、ちょっと検索すれば、

HTMLを勉強出来るサイトなんていくらでも出て来ます。

なにも、プロのデザイナーになろうというのではないのです。

 

例えば、HTMLを見ても、さっぱり分からないというレベルから、

細かい意味は分からないけど、構造は理解出来る。というレベルになれば良いのです。

本質的な仕組みが理解できていれば、細かい情報については、

調べれば良いのです。

 

あとは、やるかやらないか?それだけです。

この際だから、HTML覚えてみませんか?

記事は何文字書けば良いの?

「記事を書いてください」というと、

 

きまって、

何文字くらい書けば良いですか?

と、聞いてくる人が居ます。

 

が、この感覚がすでにズレてます。

 

そもそも、目線がアフィリエイター目線なんです。

 

こういうことを言ってしまうのは、

昔ながらのアドセンスの考え方から全く脱却できていない証拠です。

 

「○○○ △△△」といいうキーワードで、600文字以上の記事を書きましょう!

とか、

キーワードは5回くらい盛り込んでください!

とか。

 

でも、この考え方では、少なくともASPアフィリエイトでは稼げません!!

 

記事作成において重要なことは、ユーザーが求めている答えを返しているか?ということなのです。

 

キーワードって、そのユーザーが求めているクエスチョンなんですよ。

そして、コンテンツはその問に対する答えなんです。

 

だから、良いコンテンツ(記事)というのは、そこがズレていないもの。

 

その考え方って、突き詰めると、ユーザー目線ということなんです。

アフィリエイター目線ではなくてね。

 

例えば、

「スカルプD 通販」

というキーワードに対して、返すべきコンテンツはなにか?というと、

 

「スカルプDはコチラのサイトで販売してますよ」という感じで、

公式サイトへ誘導するアフィリエイトリンクを提示する、という感じです。

 

そこに「スカルプDとは?」とか、そんなコンテンツ要らないんですよ。

求められてないから。

 

結局、文字数の問題ではないんです。

逆に言うと、ユーザーが求めている答えを返すのに、何文字必要ですか?ってことです。

 

今後は、アドセンスとか楽天アフィリとかでも、この観点でコンテンツを作らないとダメだと思います。

そもそも検索エンジンって、誰のためのものか?ってことを考えれば、分かりますよね?

 

アフィリエイターのためのものではありません!!

 

プロフィール

プロフィール画像


アフィリエイター:もちぞう


ASPアフィリエイトをメインに活動している現役アフィリエイターです。

■フリースペースタイトル

■フリースペース記事

 

ページの先頭へ